保育内容

保育理念

いきる力と思いやる心を育みます

“いきる力”

保育園で過ごすこの時間は、
生涯にわたる生きる力の基礎が培われる大切な時期。
たくさんの経験が積み重なることにより、
豊かな感性とともに好奇心、探求心や思考の基本となるものが養われる時です。
培ったすべてが、その後の生活や学びの基本になると、私たちは考えます。
ぽこころ保育園では、この「いきる力」を育むことを理念としています。

“ 思いやる心 ”

いずれ社会に出ていく子どもたちは、
人との関わり合いが必要不可欠になることでしょう。
人に対する愛情と信頼感、人権を大切にする心を育てること。
そして、自主、自立といった自分を大切にしながらも、
人を思う協調性を養い、道徳性の芽生えを培うこと。
人が人として生きるために必要な、
「人を思いやる心」を育むことが私たちの理念です。

保育方針

よく遊び(体育)

よく学び(知育)

よく食べ(食育)

元気に挨拶(徳育)

保育目標

自ら考え、判断し、行動できる子

創造力豊かに表現できる子

みとめあい、友達も自分も大切にできる子

強い体と折れない心を持つ子

楽しく、味わって、感謝して食べられる子